FC2ブログ

記事一覧

秋葉原~神田ブラリ散歩!本篇①「まるでテーマパークの柳森神社」の巻

秋葉原~神田 界わいをブラリ散歩
まずは、テーマパークのような神社!柳森神社だ。
電気やおたく文化のあふれる秋葉原の喧騒から
万世橋で神田川を渡ると「世界」が一変!
江戸情緒あふれる空間へとタイムスリップなのだ。


狸と狐と龍が同居する不思議な神社
柳森神社
 千代田区神田須田町2-25

撮影:2019年11月25日(月)午後 Canon PowerShot G7X

去年行ったような気がして、古い記事を探して見たら
なんと2年前の夏にクロスバイクで訪問しておった(;^ω^)
その時の記事が、やたらに詳しい記事だったので
それを見てもらえば済んでしまいそうなのだけど(笑)
ちょっと違う写真もアップして行きましょう。


▼柳森神社の鋳物狸

IMG_3375.jpg

▼最寄りの秋葉原駅構内では、「ガシャポンステーション AKIHABARA」を開催中でござった。 

IMG_3359.jpg

▼神田川の反対側に、お目当ての柳森神社がゴザル。

IMG_3361.jpg

▼万世橋で神田川を渡り、すぐに左折して川沿いに下流に歩いていくと・・・

IMG_3412.jpg

▼JR線の高架下を潜り抜けて左手に柳森神社があります。駅から徒歩5分程度の至近距離。

IMG_3410.jpg

▼福寿神と書かれた鳥居の先に拝殿が見えます。道路からは一段下がったところに境内があります

IMG_3408.jpg

▼階段を下りてすぐ右に手水屋がありますが、溶岩(恐らく富士塚を作ったときの余り?)を配置し、コケやシダの茂る雰囲気のあるつくりデス。

IMG_3401.jpg

▼拝殿です。賽銭箱に稲穂の紋があります。左右にはおなじみお狐さんがありました。

IMG_3369.jpg

▼こちらは、子育て中の狐さん。このような図案は狛犬でもみることができますが、だいたい子どもを崖に落としていますね(笑)
狐の場合はなんだか和やかな雰囲気ですなぁ。

IMG_3371.jpg

▼でっ、鳥居の横には、今度は狸でゴザルヨ。こちらに狸がまつられるようになったのは、解説板によると江戸城の大奥との関係があったそうです。

IMG_3397.jpg

▼こちらも狸ですが、いかにもタヌキの特徴をとらえたデフォルメですなぁ。思わず笑ってしまいます。

IMG_3394_20191130112950dc6.jpg

▼境内にはこのほかにもいくつもの祠がまつってありました。こちらは、「水神厳島大明神」と「江島大明神」です。やはり水と関係のある神様が同居しているのですね。

IMG_3376.jpg

▼水神ということでしょうか、左右に「龍」を置いてあります。

IMG_3378.jpg



▼「秋葉大神」。秋葉様というのは、ご案内の通り「防火」の神様で、もともとは静岡県の秋葉山の山岳信仰から発展して、秋葉講(あきばこう)という講が全国にできるくらい信仰されたようです。東京でも大火が続いたため明治に入り祈願所として現在の秋葉原の地に神社が作られたのが「秋葉原」の地名の由来。鉄道駅設置のために上野の河童橋近くに移転したそうです。

IMG_3379.jpg

▼境内にある「力石群」! これほど並べていただけると、ただの石ではないことがわかります。しかし、墓石と間違える人もいるでしょうね。彫られた文字を赤く塗ってくれていますので、良く字が分かりありがたいですね。「さし石」=「力石」で、昔は町内の若い衆がレクリエーションとして力自慢大会をやって、交流していたそうです。石の重さや、奉納した者の名前、審判をした立会人の名前など彫られていて楽しいです。

IMG_3380.jpg

▼力石(以下も)
IMG_3386.jpg


IMG_3381.jpg


IMG_3384.jpg


IMG_3382.jpg

▼こちらは、道路から下りてくる階段のよこの傾斜地を上手に利用して作られた「富士塚」です。土地の富士講の名が入った石碑が並びます。通常は、周囲から少し高い場所に作り、遠く富士山が見える塚として築くのが一般的ですが、最初からここに作られたものなのか?どうでしょうか?

IMG_3391.jpg

▼道路側から見下ろした富士塚(写真右側の溶岩)

IMG_3409.jpg

▼神社の周りの石の柵には、奉納者の名前が彫られています。こちらの一画は、火消しのグループでしょうかね。

IMG_3411.jpg

※柳森神社(東京都社庁)オフィシャルサイトより

※柳森神社の過去記事 torikeraブログより

柳森神社:千代田区神田須田町2-25

柳森神社地図


スポンサーサイト



コメント

Re: No title

ytaka007さん!こんばんは!
今でも橋のたもとに「肉の万世」あります。
昔は、そんなに肉専門店がなく「万世」といえば
憧れのお店でしたが、今は「万世」のすぐ近くに
「いきなり!ステーキ万世橋店」もあります(笑)
知りませんでしたが、神田岩本町あたりに
繊維問屋が集まり、既製服のお店もたくさんあったそうです。
理由は神田川の水運で繊維の運搬ができたためだとか。
今でもこの界隈は老舗オーダーメイドのお店が残っているそうです。

No title

こんばんは、とりさん

石碑類いいですね。
万世橋の脇に老舗の肉の万世があったんですよね。
昔、何度か。肉の万世のステーキ類は旨かったですね。
この神田・秋葉原とずいぶん変わりました。
須田町には紳士服時問屋が随分あったんですけど、
今はないでしょうかね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torikera

Author:torikera
Yahoo!ブログから引越てきました(笑)
季節の野草や身近な自然の写真のご紹介、トレイルランやご近所ポタリングの記事、掘り出しモンCDアルバムなど音楽の話題、美味しい日本酒や蕎麦についてなどなど、とりとめのない記事ばかりですがよろしくお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム