FC2ブログ

記事一覧

11/17(日)まで!特別展「見沼~水と人の交流史」さいたま市立博物館の巻

先日行って来ました!大宮にあるさいたま市立博物館。
現在特別展で見沼の歴史を展示しています。
何となく知っていても詳しくは知らない(笑)
見沼について、古文書中心の展示ですが見ごたえがありました。
しかし、施設設備が古いなぁ!地域の「文化」にもっと予算を(;´Д`)


さいたま市立博物館 第43回特別展
「見沼~水と人の交流史~」
2019年10月5日(土)~11月17日(日)

開館時間:9時~16時30分
休館日:祝日を除く月曜/入館無料

※展示解説が11月9日(土)11時~/14時~にあります!(*^▽^*)


▼特別展のチラシ表

IMG_0001_20191114191354726.jpg


見沼代用水が整備されて新田開発がすすんでいく経過や、見沼代用水の工事の図面などなかなか見ることのできない歴史的な古文書がたくさん展示されていました。
torikeraが特に興味を持ったのは、次の構造物です。
●十六間堰(じゅうろっけんぜき)、八間堰(はっけんぜき):星川から用水への水量調節をしていた
●柴山伏越(しばやまふせこし):元荒川の下に水路を作り用水を流す施設
●瓦葺掛渡井(かわらぶきかけとい):綾瀬川の上に水路を作り用水を流す施設

・・・などなど土木工学的にも?とっても面白い構造物を当時の人々は木を使って作っていたのですが、面白過ぎて、その図に食いつきましたぁ!!(◎_◎;) 
見沼通船掘は、よく紹介されますし、何回も見に行っているのでしたが、こちらは見たことがなかったので(;^ω^)


▼特別展のチラシ裏

IMG_0002_201911141914087d4.jpg


特別展の最終コーナーに、「見沼周辺の生物」というのがあり、おなじみのシラサギの集団営巣地「鷺山」(なんと見物用のタワーがあったのだ)や見沼のウナギやホタルが献上されていたことなども紹介されていて、面白かったですよ~!!

さいたま市になったから、浦和・与野・岩槻など旧市区分の博物館がみんな「さいたま市立博物館」?になっているのだけれど、それにしてもみんな施設が古いし、狭いし、今回の特別展も本当に狭い空間のガラスケースを中心に古文書や解説板を貼っているという昔ながらの展示で終わってしまっているのが残念。

もう少し郷土の歴史(資料)を分かりやすく、多くの人に興味を持てるような形で展示できないのだろうかと思ってしまいます。つまり、博物館や美術館など「文化」の分野に行政がもっとお金をかけて欲しいということです。職員は少ない人と予算の中で一生懸命工夫して企画していることが分かりますからね~

以前、山梨県の博物館を訪問しましたが、子どもたちが興味を持てるような工夫が随所にあり、当然新しい設備ですし、感心したことを覚えています。市民が声をあげないといけない事ですけれどね。「桜」だか「梅」だか知りませんが、税金で酒飲ませて飯食わせて誰かの「お仲間」のご機嫌をうかがうお金があるなら別の事に使えって!あっこれはどこかの「お国」のことでしたっ失礼いたしましたぁ (*^▽^*)

▼特別展の出品目録です 表

IMG_0004_201911141913536b2.jpg

▼出品目録 裏

IMG_0003_201911141914174df.jpg



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torikera

Author:torikera
Yahoo!ブログから引越てきました(笑)
季節の野草や身近な自然の写真のご紹介、トレイルランやご近所ポタリングの記事、掘り出しモンCDアルバムなど音楽の話題、美味しい日本酒や蕎麦についてなどなど、とりとめのない記事ばかりですがよろしくお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム