FC2ブログ

記事一覧

東京オリンピック1964の聖火台の第1号が川口にあったの巻

先日出張で埼玉県川口市の公園に出かけたとき
公園の片隅に、聖火台のようなものが置いてあるので
近づいて見たら、なんと前回のオリンピックの聖火台とそっくり。
いつものように調べてみたら意外な事実が(◎_◎;)

東京オリンピック-1964年 の聖火台第1号
埼玉県川口市青木町公園総合運動場
(川口市西青木4-8-1)

▼旧国立競技場にあった聖火台が、鋳物の町、埼玉県川口市の鋳物工場で作られたというのは、けっこう有名な話で知っていました。しかし、川口市内の公園に「レプリカ」があるのは知らなかった。しかも、これは、「レプリカ」というものの、実際は聖火台の第1号作品だったとは!詳細はこのあと・・・・(笑)
IMG_4994.jpg


▼「聖火台」の前には、解説板があって、おおざっぱにいきさつが説明してあった。写真は、実際に製作にあたった川口の鋳物職人=鋳物師(いもじ)、鈴木親子の写真も掲載していました。
IMG_4991.jpg


▼解説板の拡大写真。少し付け加えて説明しておくと、国からの聖火台の製作依頼が当時の市長経由であったが(納期3ケ月、20万円)大手企業が断る中、当時社長の長男幸一さんも断ろうとしたら、父親の萬之介さんが「こういう仕事は損得考えず、自分がやる」と引き受けた。2か月で鋳型を作り、鋳型に鋳鉄を流し込んだとき失敗し鋳型が破損、そのショックで萬之介さんは倒れ8日後に亡くなってしまう。父の後を受け長男幸一さんは、仲間や兄弟の力も借り1ケ月で第2号を完成させた!という
(参考:日経電子版2016年5月14日記事より)
IMG_4989.jpg


▼そして、製造中失敗してしまった聖火台第1号は、市内に保管されていたが、2004年に修復の後、こちらの公園に展示されることになったというお話でござった。この第1号にも製作者の鈴木萬之介さんを示す「鈴萬」の刻印があるそうです(もちろん第2号にもある!) 川口市青樹町公園総合運動場内の慰霊碑など並んでいる一画に飾られています。
IMG_4996.jpg

※torikeraが驚いたのは、この解説板(文字碑)の文章でござった。
「近代五輪の原点『平和とスポーツの祭典』が世界で唯一の被爆国日本で1964年に開催されました。・・・」
戦後19年の年を経て、平和を希求する日本の姿を世界に示したいという願いが込められていたのだと思う。
先の東京オリンピックで、聖火の最終ランナーは誰だったか?実は、1945年8月6日(広島が被被爆した日だ)生まれの19歳の坂井義則さんだったそうだ。「聖火の最終ランナーは、日本の平和と前進の新たな希望を見いだす象徴であった」と外国メディアは伝えた」という。
また、聖火は、ヤンゴン(ミャンマーの旧首都。)、バンコク(タイの首都)、クアラルンプール(マレーシアの首都)、マニラ(フィリピンの首都)、英国統治下の香港、台北(中華民国の首都)、沖縄を経て日本に入った。つまり、かつて戦争で戦場になった国々を回るコースだったそうだ。このプランは、招致に尽力した田畑政治の発案で、最終聖火ランナーの人選で、他の委員がアメリカが気を悪くするのではという心配をよそに、田畑は、「『米国におもねって、原爆に対する憎しみを口にしえない者は、世界平和に背を向けるひきょう者だ!』と一喝したという。」(参考:zakzak、夕刊フジ記事)

2017年「核兵器禁止条約」が122か国・地域の賛成多数で採択されましたが、残念ながら日本は参加していません。元々日本は核兵器禁止条約に反対してきたからです。なぜなら、日本はアメリカの「核の傘に守られているから」だそうです。NHKのニュース番組で「条約」が扱われるときには必ず「枕詞」で「アメリカの核の傘下にある日本は・・・」と言い放送していましたね。

▼「平和の樹(アオギリ)」 広島の原爆で被爆したアオギリ(爆心地から1.3km)からとれた種子から育った苗が、広島から贈られ青木町公園に植えられています。聖火台の隣にありました。
IMG_5001.jpg


▼川口市の平和都市宣言
IMG_5005.jpg


▼東京オリンピック2020は、何を世界にアピールするのだろうかと思う。
今国内外のニュースを見ると、「わが民族は優れていて偉大だが、他国の民族は嘘つきで、約束を守らず、相手にしない方が良い」などという論調が声高に発信され、賛同する人たちが少なくない。しかし、考えてみてほしい、仮に子どもがあなたに「隣の子が、ウソつきで、身勝手で、嫌なヤツだから、僕は助けてあげないし、教えてあげないし、無視するよ」と言ってきたら、あなたは、「それはイイね」というのだろうか?

IMG_5003.jpg



スポンサーサイト



コメント

Re: No title

route335さん!こんばんは!
意外なところで偶然出会った「東京オリンピック1964」でしたぁ。
色々な意味でオリンピックは「利用される」ので正直複雑な思いですが
なぜ国の開催でなく、都市の開催にしているかなど
本来の「精神」がぶれない様に見守りたいです(*^。^*)

No title

いろいろ考えさせられるモニュメントですね!
素晴らしい記事、ありがとうございます (^^♪

Re: No title

へいへいさん!こんにちは!
まったくその通りです。(*^。^*)

No title

東京オリンピック2020の閉会式
長崎原爆の日に
核なき世界を目指す平和の祭典になるといいですね

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

オリンピック聖火

記事 NO.5450彩2014 Olympic Flame~2014年1月19日訪問~青木町公園(川口市)教念寺(深谷市)「これは、何の写真でしょう?」の答えは、2014年1月現在 国立競技場に置かれている聖火台のレプリカです。 1964年の東京オリンピックでは、その前哨戦となるアジア競技大会(1958年)に間に合わせるために、聖火台の製作を鋳物づくりの名工とうたわれた鈴木萬之助が請け負いま...

プロフィール

torikera

Author:torikera
Yahoo!ブログから引越てきました(笑)
季節の野草や身近な自然の写真のご紹介、トレイルランやご近所ポタリングの記事、掘り出しモンCDアルバムなど音楽の話題、美味しい日本酒や蕎麦についてなどなど、とりとめのない記事ばかりですがよろしくお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム