FC2ブログ

記事一覧

富士見市の湧水を訪ねて、第3弾!武蔵野台地の「ヘリ」を楽しむの巻

毎日暑い日が続くので、湧水探訪も「危険」と控えていたが
家にこもっているとどうにも気が滅入るので、本日は思い切ってポタリング(自転車散歩)決行!走行距離は26kmほどでしたが、それにしても、めちゃくちゃ暑かったよねぇ(◎_◎;)

武蔵野台地の「へり」を楽しむ!
富士見市の湧水巡り ポタリング編 その③

撮影:2019年8月12日(月)午後 Canon PowerShot G7X

富士見湧水


③-A 「来迎の泉」
▼富士見市「来迎寺・らいごうじ」崖下から勢いよく湧き出る「来迎の泉」。冷たくて心地よい(*^▽^*)
IMG_2520.jpg

▼天台宗西雲山光明院「来迎寺」らいごうじ、富士見市鶴馬2-1-19、享保8年(1723年)造立の延命地蔵尊がある。武蔵野台地の崖線上に建つ寺院だが、墓地を回り込むようにして崖を下ると崖下に湧水が見られる。
IMG_2513.jpg


▼最初は墓地の中にあるのかと思い、墓地内を探したが見つけられず諦めて寺を出て崖下にそれらしい流れを見つけ、辿って行ったら湧水を見つけた!なかなか勘が冴えている(笑) その名も「来迎の泉」という看板が出ていた。
IMG_2516.jpg


▼水量があって、水温も低く、満足度の高い湧水だぁ(*^▽^*)
IMG_2522.jpg


▼写真左手が来迎寺の墓地で、台地の崖線です。ちょうど崖線沿いに湧水が流れる水路ができていました。何となく風情のある眺めでした。ここを見つけるのは結構大変でしたが・・・(泉の前のお宅のワンちゃんが元気で、ワンワンと鳴き続けてちょっと気が引けました!私は怪しいものではありませんワン)
IMG_2524.jpg


▼泉の隣の民家では、庭先にホースで湧水を導いて流していた。なんとぜいたくな(*^。^*)

IMG_2529.jpg


▼来迎寺の崖から下って来たところに、江川が流れています。ご覧のように住宅地を流れているのに、水質は大変きれいで澄んでいるのが驚きでした。南側の台地からも湧水が流れ込んでいるところがいくつも見られて、台地を湧水が削り谷を作っていることが分かる典型的な地形ですねぇ。
IMG_2532.jpg


▼「来迎の泉」の入り口となる、「市民の庭園」です。グーグルマップでも書いてありますので、ココを目印に、角を曲がり路地に入り突き当たったところが「来迎の泉」となります。
IMG_2533.jpg


③-B 富士見江川親水公園湧水
▼江川沿いに上流へとたどっていくと、東武東上線をくぐる手前に、江川親水公園があります。写真の奥に見えている電柱が東武東上線の線路です。写真右手奥の自転車が見えているところの右奥から湧水が出ていました。
IMG_2545.jpg


▼石垣と石垣の間なんですが、しっかりと湧水が流れ出ています。左上は駐車場みたいなんですが、奥の方は結構な高さがありました。
IMG_2534.jpg


▼流れ出てきた水は、手を入れるとそれなりに冷たくて湧水であることが分かります。
IMG_2537.jpg


▼飲む人はいないと思うのだけれど(笑)!('◇')ゞ
IMG_2538.jpg


▼湧水が出てくる水路に、縄張り?なのか定着していた、アオハダトンボ(カワトンボ科)?ピンボケでスイマセン。なにせ白内障で視力低下中(◎_◎;) 
IMG_2547b.jpg


③-C 谷津の森公園の湧水
▼つづいて鶴瀬駅近くの「谷津の森公園」を訪問。
IMG_2553.jpg


▼公園入口から階段で一気に6~7m下る!まさに「谷津・やつ」でゴザル。

IMG_2555.jpg
※谷津(やつ)とは・・・・丘陵地帯、台地が水により浸食されて、「谷・や・やと」になった地形や地形を利用した農業や自然を言います。同様の語として、「谷地・やち」(北海道・東北に多い)、「谷戸・やと」(武蔵・相模に多い)という記事もありました。谷津がそのまま地名になっているところもあります:上尾市・野田市・習志野市・静岡市・河津町など。

▼窪地は平になっていて、さらに奥に窪んだ地形があります。
IMG_2560.jpg


▼ちょうど上の台地からの斜面下に水が溜まっている一画がありました。コンクリートの管は井戸として利用されていたもののようです。
IMG_2561.jpg


▼溜まっていた水は澄んでいて、水辺には石の祠が置かれていました。
IMG_2563.jpg

※これで、日本地下水学会の報告書にあった湧水は、ほぼ回ることができましたぁ!
水量やロケーションで言えば、栗谷津公園がなんと言っても素晴らしい!
地味ですが、今回の来迎寺下の来迎の泉も、素敵でした。
皆さんもぜひ、富士見市に残る素晴らしい湧水を訪問なさって下さい。


関連記事

※埼玉県入間東部地区に「水の神様」を訪ねて 富士見市の湧水巡り その①

※富士見市の湧水を訪ねて、第2弾 武蔵野台地の「へり」を楽しむ その②

スポンサーサイト



コメント

Re: No title

ytaka007さん!こんばんは!
最初は、「弁才天」石仏巡りから始めたのですが、
調べているうち、日本地下水学会の報告書を見つけてしまったのが運の尽き?!
面白くて、湧水巡りにシフトチェンジ!
おかげで、弁才天巡りが残ってしまいました。
まだまだ、富士見市通いが続きそうです。(笑)

No title

こんばんは、とりさん

富士見、湧き水多くありますね。
アオハダトンボはまさに子供のころよく見かけたトンボです。今は全く見てません。写真きれいに撮れてますよ。報告書の湧水ほぼ回る、さすがですねー。湧き水もロマンです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torikera

Author:torikera
Yahoo!ブログから引越てきました(笑)
季節の野草や身近な自然の写真のご紹介、トレイルランやご近所ポタリングの記事、掘り出しモンCDアルバムなど音楽の話題、美味しい日本酒や蕎麦についてなどなど、とりとめのない記事ばかりですがよろしくお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム