FC2ブログ

記事一覧

「ぺったんこ祭り」で有名な、館林市「富士嶽神社」にも行ってきたの巻

連日、猛暑のニュースばかりで見ているだけで暑くなるのだけど
関東で暑い場所と言えば、常連さんは館林や熊谷だなぁ
さて、加須周辺のブラブラ散歩記事、今回は館林の巻だぁ


「ぺったんこ祭り」が有名
富士嶽神社
館林市富士原町1127

撮影:2018年7月7日㈯ 午前 Canon IXY430F




冨士嶽神社は大変雰囲気のある立派な神社でござった!



広い駐車場から富士嶽神社の建つ富士塚を眺める!かなり盛り上がった塚である。
実は、この富士塚、「小桑原古墳群」の中核の「前方後円墳」を利用したものであるらしい!



参道から見ていくと・・・


奉納額など納めるお堂(絵馬堂)があります



富士塚の登り口とつながる



表参道の右側にはなだらかな坂の下り用の参道(裏参道)入口がある



参道の左わきには庚申塔などが並んでいました



灯篭もご立派




富士塚のセオリー通り、登り口には「一合目」の石碑があります



階段を登ると左右に様々な神社が現れます
明治43年に地域の神社が多く合祀されたようです。



清滝神社・日枝神社




愛宕神社・大山祇(おおやまづみ)神社



稲荷神社・八幡宮



そして富士嶽神社拝殿



こちら狛犬です



富士山の形をした燭台が印象的です(三つ葉葵の御紋ですね)
徳川幕府時代には代々の館林城主により修繕や営繕が行われたそうです。



こちらの彫りものもなかなかのものでした。



山頂部から見下ろすと結構な高度があります(^▽^;)
きっと富士山もよく見えたのかなぁ?ちなみに住所は「富士原町」でした!



本堂の軒下や壁には様々な絵馬が奉納されていました。



富士登山記念 昭和28年のもの



こちらも登山記念のようですが本文が読めません 



第15回登山記念 昭和25年のもの



本堂の裏側に回り込みます



一回りしてくると反対側に降り口と掲示された坂が現れます。



多少傾斜は緩くなっていますが段はありました。



境内の駐車場に生えている大きなイチョウの下に石碑がありました



富士山敷石の奉納碑(丸いのは銀杏です)




富士登山先達33回の記念碑



神楽の講もあるようですね



とてもオーソドックスな絵馬でした(笑)



大勢の奉納者の札がかかっていました




ところで「ぺったんこ祭り」は、400年以上続くと言われている富士嶽神社の「初山大祭」のことで
子どもの健やかな成長を願って、小づちで朱印を子どものおでこにぺったんことする行事です。
5月31日と6月1日に行われ、大勢の親子連れでにぎわうそうですぞ。
そう言えば昔ニュースで見たことがあったような気がするけど・・・・

<上毛新聞さんのニュースより>


今も元気な「富士神社」でござった!(^O^)/
みなさんも機会があったらぜひぺったんこしてもらってください
あ~でも小さい子でないとだめかもね(笑)





<周辺マップです> 
富士嶽神社は東北道館林ICのすぐ左上に書いてあります。

訂正!三県境周辺マップの館林ICそばに表記してある「富士嶽神社」は、今回紹介した
ぺったんこ祭の神社ではありませんでした!お詫びして訂正します。
富士原町は東部伊勢崎線のさらに東側で東国歴史文化街道122号と354号線が交差する
「小桑原」交差点のすぐ北側に位置しています。ご注意くださいm(__)m

※次回・間違えた別の「富士嶽神社」をご紹介します(笑) 二つもあるとは知らなかった?!(^O^)/


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torikera

Author:torikera
Yahoo!ブログから引越てきました(笑)
季節の野草や身近な自然の写真のご紹介、トレイルランやご近所ポタリングの記事、掘り出しモンCDアルバムなど音楽の話題、美味しい日本酒や蕎麦についてなどなど、とりとめのない記事ばかりですがよろしくお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム