FC2ブログ

記事一覧

「昆活」?!2mのやぶ蚊にビックリ!科学博物館で「昆虫」展を観るの巻

「昆活しようぜ!」と香川少年が大きなカブトムシを持って
得意げな顔をしたポスターをご覧になった人も多いことかと思います(笑)
(香川照之さんはすっかり「昆虫大好き」キャラとしても定着して来た)
昆虫展の招待券をもらったので行ってきました(^O^)/


国立科学博物館・東京上野
特別展 昆虫
2018年7月13日(金)~10月8日(月)


まずは体長2m!大迫力の巨大模型の数々に圧倒されるゾ


あんまり出会いたくないヒトスジシマカ(本物は2mでなくて良かった)


会場内は夏休みとあって大変な混雑でござった
torikeraは何回も子どもに足を踏まれた(笑)



グライダ―のように滑空するタイヨウモルフォの映像はうっとりする優雅さ



子どもたちには大人気のカブトムシの仲間たちもずらり!



美しい昆虫の標本がたくさん展示されていました(*´▽`*)



何でこんな姿をしているのか?研究者泣かせの代表選手
ツノセゼミの仲間の「ヨツコブツノゼミ」だ!何と奇怪なやつだ

(これは模型)

ときどき本物の生きた個体が展示されていました。
次の写真は巨大なゴキブリ
<嫌いな人は飛ばして見てねぇ>
クリックすると拡大





これはなんと!「イグノーベル賞の賞状」です



トリカエチャタテという南米の洞窟にいる昆虫が交尾の際
雌雄の役割が逆転していることを発見したことが評価されたもの!面白い!

(昆虫がらみで色々なものを展示しているのだ)


torikeraが興味を持ったものはこちらの展示で
アリやシロアリと共生・寄生関係にある昆虫たち(好蟻性昆虫というらしい!)を漫画で紹介
昆虫どうしの騙し合いだったり、協力関係の不思議は感動的だぁ


昆虫のコミュニケーションを紹介するコーナーでは
振動でのコミュニケーションを実際の感覚で体験できるのも面白い



今回の特別展の一つの目玉だと言ってもよいのだろうけど
著名なコレクターや博物館の標本の数々だぁ



これだけ集められると大迫力で、まさに開いた口が塞がらない!!



こちらも貴重な標本なのだけど
沖縄で近年発見された新種の「ヤンバルテナガコガネ」



新種登録の際に必要な標本を「ホロタイプ」というのだそうだ
展示されているのが本物の「ホロタイプ」標本の実物
もちろん世界にひとつでござるヨ



特別展「昆虫」が開催されている国立科学博物館



基本情報:
アクセス
JR「上野」駅(公園口)から徒歩5分 東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅(7番出口)から徒歩10分 京成線「京成上野」駅(正面口)から徒歩10分 館内に駐車場および駐輪場はありません、車の方は周辺駐車場を利用
開館時間:9~17時通常、金土9~20時
休館日:毎週月曜日 7月8月は、休館日なしです(稼ぎ時ですね)
入館料:通常展・620円大人・大学生/高校生無料
特別展・1,600円一般・大学生/小中高生600円

この夏、「昆活」しに科学博物館へ行って下さい(◎_◎;)




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torikera

Author:torikera
Yahoo!ブログから引越てきました(笑)
季節の野草や身近な自然の写真のご紹介、トレイルランやご近所ポタリングの記事、掘り出しモンCDアルバムなど音楽の話題、美味しい日本酒や蕎麦についてなどなど、とりとめのない記事ばかりですがよろしくお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム